自宅でできる脱毛方法 メリットとデメリット

自宅でできるむだ毛を脱毛する方法としてさまざまな処理方法があります。

それぞれにメリットとデメリット面が出てきます。自宅でむだ毛処理する方法として手軽なのはカミソリ処理です。

低価格で広範囲を短時間で処理できるメリットがあります。

脱毛といえばこちらがオススメです。

ただ、皮膚を一緒に削り、白く粉をふいた状態になったり、すぐ毛が生えてくるため、処理回数が多くなるところがデメリットです。毛抜きの場合は、皮膚の内部にある毛を引き抜くことができるので、処理回数は少なくなることが多いですが、途中で毛が切れたり、広範囲の処理に時間がかかります。

毛穴が炎症を起こしたり、皮膚に毛が埋まってしまう症状を引き起こすことがデメリット面です。

脱毛

除毛クリームは、毛を溶かしてむだ毛を処理する方法ですが、広範囲のむだ毛処理が可能で、比較的低価格であるメリットがあります。

毛を溶かす、ツンとした臭いがする商品が多いですが、技術の進歩で臭いを軽減する商品も増えています。ワックス脱毛は、最近注目されてきている方法です。

水性ワックスと油性ワックスがありますが、油性は粘着性が高く、素人には扱いが難しいので、自宅でするなら水性ワックスがおすすめです。

1センチ程度毛を残しておく必要がありますが、効果が持続する期間が4週間ほどと長いのがメリットです。

最初に高額費用がかかる点がデメリットですが、家庭用脱毛器の種類も増えています。

脱毛の専門機関で扱われる機器よりも威力は劣りますが、毛が生えるもとにダメージを与えることができ、肌に負担がかからないところがメリットです。



家族間で使用することでコストパフォーマンスを上げることができます。